FC2ブログ
2021/02/11

ロックじゃねえな

学校の音楽の授業は大嫌いで、いつも成績が悪かったのとは別に、中学校あたりから、友達の家でダビングしたテープを聴いていたりして、いわゆる音楽教育と趣味の音楽とは別個の生活を送っていました。そのうち、歌謡曲やフォークからロックを聴くようになり、高校生になると自分でもベースギターを買ってバンドをやるようになっていました。

 いちおう最初は教則本を元に練習はしていましたが、楽譜に頼るようだと「ロックじゃねえな」と仲間内から言われていました(笑)昔のロックやブルーズのプレイヤーというのはだいたい独学でも良くて、型にはまらない独創的な弾き方がどんどん出てきた時期だったので、それがまたイイ!とされたりしてましたので。

 ただ、僕は高校の時に一年間だけ、ブラスバンドに所属してトランペットを吹いてたので、その時は楽譜とにらめっこで演奏してました。今思うと、あの1年は貴重だったと思ってます。
 その後は時々バンドでロック音楽を演奏してましたが、その時には楽譜なんか不要で、まずはとにかく聞いたとおりの音を出して、あとはスケール(音階)練習で覚えたスケールで時々アドリブをかますという程度で十分に「うまいな」と言われるくらいになってました。

 その後、放送大学で文系科目を学ぶ中、共に哲学のサークルに所属していた芸大の作曲家卒という方と親しくなったりしました。ピアノの先生をやられながら現代音楽をやられている、野人のような方でした。でもやっぱり雲の上の存在のようで、自分の趣味の音楽とは別物という感じでした。

 その頃から30年以上が経って、ふとアコーディオンを弾きたい!と思うようになって、アコーディオン教室に通うようになりました。アコーディオンはとにかく最初どう弾いたらいいのかまったく分からない楽器なので、最初のうち、蛇腹の使い方を知るためだけにでも習ったほうがいい、と聞いたためです。

 教室はもちろん楽譜ありきで、音楽の授業を1からやり直す感がありました。ここではじめて、授業としての音楽と、趣味としての音楽が一致したような有様でした。アコーディオン教室は結局1年くらいで辞めたのですが、そこで、多くの音楽大学の在学生・卒業生と出会いました。以前の会社の同僚に、私立の音大卒という方がいたんですが、はっきり言って芸大以外の私立の音大なんて、いざ就職したくても出来ないことが多いし、学費なんてドブに捨てるようなもの、と聞いていたので、まあ、たいしたことないんだろなと勘違いしていたのですが、音楽大学を出て、地味に日本の音楽を下支えしている方たちと出会うことが出来ました。

 いまどきの音楽大学ではアコーディオンはもとより(ただしアコーディオン科というのは日本にはない)キーボード、エレキギターやエレキベースまで、ポピュラー音楽も教えているようです。確か以前にはそんな学校は日本にはなく、深く学びたいスタジオ・ミュージシャンはアメリカのバークレー音楽学院などに行って学んでいたように記憶しています。エレキギターのソロを日本の大学で教えているとか、ちょっと笑っていましたが、彼らにとっては飯の種を習得するため。そのために汗をかかれている方々に、「ロックじゃない」なんて口が裂けても言えないな、と今は思っています。

 譜面というのはあくまで参考程度のもので、解釈によって全然変わるものということも知りましたが、とても便利なコミュニケーションツールであることは間違いありません。ジャムセッションだけで音楽を作り上げてしまう天才でもない限り、着実に練習していくには必要な、言語のひとつなのかもしれません。
2020/10/17

鬼子母神とアールティ


 ここ一年ほど分からなかった謎が解けました。といっても、間違いに気がついたということなのですが。。

 僕は仏教の鬼子母神にとても興味があって、雄山閣のオンデマンド本を買ったりして自分なりに調べておりました。鬼子母神の別名は訶梨帝母(かりていも)元はインド土着の神様で、元の名はハーリティ( Hariti )。

 近所にインド料理屋がありまして、ネパール人の気のいい店主がやっているのですが、この人はネパール人だけどヒンドゥー。そこで、「 ハーリティ を知っていますか?」と聞いたら、「ああ!アーリティ!ヒンドゥーにあります!」と言いながら色々教えてくれたのですが、どうも良く分からない。インドの神様ですか?と聞くとそうですと答え、それではどんな神様なんですかと聞くと、お線香を持ってきてくれて合掌した手に挟んで、ぐるぐる回してくれる。

 で、どうもヒンドゥーではハーリティはアーリティと呼ばれているらしいこと。お祈りの時にはお線香をぐるぐる回すしぐさをするらしいことまでは分かったけれども、いったいどんな神様なのかはよくわからないままでした。なんか、火までは付けませんでしたが線香まで持ってきてくれて一所懸命説明してくれたので、曖昧なままそれ以上は聞かないままでおりました。

 昨日、そのインド料理屋に行ったので、それじゃ今回はちゃんと確認してみようと思い、雄山閣の「鬼子母神信仰」にあるハーリティの写真をご店主に見せて、これはハーリティですか?と聞いてみたわけですが・・・・この神様は知らないし、どうもヒンドゥーの神様ではなさそうだということが分かりました。そしてまた、ぐるぐる手を回しながら、とても古いことですと言う。乳海攪拌という言葉が浮かびましたが、どうもそうでもないらしい。

 そこで、iPad を持っていたので、Hariti で検索してご店主に見せたところ、ご店主自らキーボードで訂正して打ってくれたその文字は、" aarti " 。検索するといきなり この YouTube 動画が出てきて、妙なる音楽とともにヒンドゥーの神様の前でぐるぐる回る炎が。どうもこれがハーリティならぬアールティとのこと。線香を持って回すしぐさも、この回る炎をイメージしているようです。

 完全に勘違いしておりました(笑)

 謎は解けたのですが、aarti についてはまだ良く分からないので、もう少し調べてみたいと思っております。ちなみに僕が鬼子母神に興味があるのは、法華経信者というわけではなくて、実家が「おそれ入谷」の、朝顔市で有名な鬼子母神にほど近い場所にあったためです。そして、調べてみると鬼子母神の説話(仏説鬼子母経)というのもとても面白い。鬼子母神の成立は二世紀ころのガンダーラらしいのですが、それもまた興味深いものがあります。そのうちにこのブログでも鬼子母神のことを書いていけたらなと思っています。


2020/09/22

風の谷のナウシカと手塚治虫

20200922184844.jpg

 宮崎駿原作の「風の谷のナウシカ」と手塚治虫について語りたくなった。僕は宮崎駿についても、手塚治虫についても、大して知っているわけではないので、評論家のように語ることはできないけれど、とりあえずいちファンとして思ったことを語りたいと思う。

 「風の谷のナウシカ」は、約40年前、僕がまだ10代の頃に「アニメージュ」という雑誌に漫画原作の連載が始まり、20代になってから映画として発表された。割と多感な時期だったこともあり、いまだに強い印象が残っている。

 「風の谷のナウシカ」単行本第一巻の最後には、宮崎駿のあとがきがあり、「ギリシア神話小辞典(バーナード・エヴスリン)」中で紹介されているナウシカと、平安時代に書かれた「堤中納言物語」中にある「虫愛ずる姫君」という物語の姫君とが、宮崎駿の中で混然一体となって、自分流のナウシカを描きたくなった、とある。

 「虫愛ずる姫君」は、毛虫をはじめ虫を好んで、自身の眉も髪も歯も、世間の常識には囚われないで自由に生きる姫君の姿が描かれている。この姫君の姿は、のち高畑勲監督が描いた「かぐや姫の物語」のかぐや姫とも重なる。

 ところが僕は、虫を愛する姫君としてのナウシカにはもうひとつ、当てつけに近いような強力なメッセージがあるように思う。手塚治虫へのメッセージだ。

 少年時代の手塚治虫が虫好きであったことは自身の漫画でも描かれているので、割と知られた事実だ。毎日のように裏山へ行っては虫を捕まえ、細密なスケッチを多数残していたという。あまりに虫が好きなので、ペンネームには「治」の本名に虫をつけて「治虫」という名にしたという。

 かなり以前、手塚治虫の幼少期を描いた実写版のドラマがあって、なんとなく見ていたら、「治の裏山遊びも無駄ではなかったということかな」というセリフがあった。確かお父さんのセリフだったと思うが、ふと、これ、どこかで聞いたことがあるようなセリフだな、と考えて、思い当たったのが「ナウシカ」の「姫様の腐海遊びも無駄ではなかったということですな」というセリフだった。

 思えば、手塚治虫は「虫愛ずる少年」だったではないか。
 手塚治虫は映画「風の谷のナウシカ」を観ていた。観た直後の様子は、漫画家の石坂啓が「先生はものすごく不機嫌で、とても怖い顔をして一言も言葉を発しませんでした。」と漫画評論誌に語っていたことを良く覚えている。おそらく手塚治虫は相当悔しかったのだと思う。

 日本のアニメにおける手塚治虫の功罪は、さんざん言われていることなので、簡単に言えば、アニメのテレビ参入のために日本のアニメ制作の単価を下げ、アニメの質を落とした張本人と言われている。と同時に、そのおかげでテレビではアニメが溢れ、それまで映画館でしか見ることが出来なかったアニメの大衆化を一気に推し進めた。

 いっぽうの宮崎駿は手塚のアニメ参入前から、質の高かった日本のアニメ映画制作に携わっていたので、その影響をモロに受けた人だ。結局宮崎もその後、テレビアニメで活躍することになるが、忸怩たる思いはあったのだと思う。宮崎は少年時代から手塚の影響を受けた多くの絵を描いていたが、あるとき、それを全て破り捨てたという。手塚の影響を断ち切りたかったのではないかと思う。

 手塚治虫は元々ディズニーアニメのファンで、漫画のキャラクターやそのしぐさにもディズニーの影響が見て取れる。しかし限られた予算でもって毎週のように放送しなければならないテレビアニメでは、ディズニーのようなクオリティを出すことは出来ない。カクカクした動きの、時には紙芝居のようなクオリティでもよしとするしかなかった。僕ががっかりしたのは、手塚漫画の傑作「火の鳥」のアニメもまた、素人目にもはっきり分かるカクカクした質の良くないアニメになっていたことだった。

 「風の谷のナウシカ」は、宮崎駿の原作を、最初から映画として発表するために作られた作品で、言うまでもなく高いクオリティを持つ作品だ。まだジブリはなく、徳間書店が製作の主体となった。当時、僕の友人が徳間書店のシステム部門に常駐して仕事をしていて、ちょうど「ナウシカ」の製作時期だった。当時の徳間書店の社員旅行のタイトルは「頑張れナウシカちゃんツアー」だったと聞いた。社内を挙げて盛り上げようとしていたようだ。その中には、ジブリの鈴木敏夫も居たはずである。

 「虫愛ずる少年」だった手塚治虫にとっては、自分よりも後輩の宮崎駿が、まるで当てつけるがごとく高いクオリティの作品を作ったことは悔しくてたまらなかったことは想像にかたくない。手塚治虫はその天真爛漫な笑顔とは裏腹に、常に自分がナンバー・ワンでなければ気が済まない性格であったことは水木しげるも語っているところでもある。後輩に対してもライバル心をむき出しにすることがあり、漫画賞の授与の際にも、新人に賞を渡しながら「僕は本気になれば君みたいな絵も描けるんだよ」と言ったりしていたという。

 手塚が没してから約30年。「ナウシカ」の連載が始まったのは40年近く前になる。自分が歳を取ってしまったことを実感するが、逆に今だからこんなことを記してもいいかと思い、綴ってみた。

2020/08/15

ドロッパーボトルが便利

 ネジロックという、一種の接着剤があって、ごくごく少量をネジの間に染み込ませるように使うわけですが、これが大きなボトルだとなかなか難しい。ドバっと出たりすると拭き取りも大変。

 ということで、Amazon でドロッパーボトル(グルーボトル)なる小さな樹脂のピンを買ってみた。10本で1000円なので、まあ使い捨てかなと思って。ところがこれがとても便利。耐久性もあってずいぶん長いこと使っています。柔らかい樹脂製のボトルの先に、太い注射器のような金属のパイプが付いていて、使うときにはボトルの腹を押すと、いい具合に調整しながら滴下することが出来ます。たぶんアクリルの接着剤にも良いのではないかと思います。

 で、最近どうもアルコール(エタノール)が、お高いので、節約するためにこのボトルに入れてみました。綿棒にエタノールを染ます時も必要最小限なので実際かなり節約になっています。
 ついでに、拭き取り用のメタノールもこのビンに入れています。メタノールは毒なので、間違えないように赤いテプラを貼っています。

 ということで、とりあえず便利グッズの紹介でした

20200815.jpg
2020/08/08

ヤカンの水


20200808.jpg

 いつも、台所には水を入れたヤカンを置いています。ポットのお湯が減ったら、この水を使います。
 僕の実家は大した家でもないので、家訓などというものは無いのですが、「台所にはいつも水を満たしたヤカンを置いておけ」というのが、母方のじいさんからの言い伝えで、我が家もそれを守っています。
僕のじいさんは山形の貧農出身で、東京へ出て来て職人をはじめたとたん、関東大震災に遭いました。その時に、水の大切さと火事の恐ろしさを身に染みて感じたらしく、じいさんは僕のお袋に「いつでもヤカンには水を満たしておけ」と言っていて、お袋もそれを守っていました。
 非常用の水というのはもちろんですが、もしヤカンが転倒するくらいの大地震なら、台所が水浸しになる。火を使っていれば消えるかもしれないし、多少でも台所が燃え広がる確率が減るし、消火するまでの時間稼ぎになるかもしれないから、というのがヤカンに置き水をする理由でした。多少の出火、やけどでも使え、とも言っていました。オマケですがヤカンに水を取り置きしていると、水も美味しくなっています・・・
 はっきり言ってマンション住まいではあんまり関係ないかとは思いますが、我が家でははいまだにこれを墨守しています。ヤカンに水を入れるたび、災害のことを思い出すことが出来ますし。
 ちなみにこのヤカンは23年前、結婚した時に買ったものです。幸いなことに非常用に使ったことはまだ一度もありません。