fc2ブログ
2010/07/22

「禅とオートバイ修理技術(上下)」 ロバート M パーシグ その2

その2です

●「シャトーカ」について
 哲学の基本的なことがらが事例を交えて比較的分かりやすく書かれていると思った。学生時代に学んだことを思い出し、それと結びつけながら読んでいたので普段と違うアタマを使う。そのため読み切るまで結構時間がかかった。でも良い復習になった感じがする。
 電車の中で読みはじめると没頭してしまい、何度か電車を乗り過ごしそうになったりした。

●「クオリティ」について
 「クオリティ」とは何か? その問いは著者の思索や回想の中で、何度も出てくる。しかし、最後まできちんとした結論らしき結論は出てこなかった。ちょっと肩透かしを食らった感じだった。
 しかし、読後しばらく経って、ここで書かれている「オートバイ修理技術」についてもう一度考えてみると、著者が「クオリティ」について言いたかったことがなんとなく分かったような気が今はしている。

●修理技術について
 この本では、オートバイを修理する修理工の技術について、哲学的思索が繰り広げられている。簡単にいえば薀蓄だ。しかしこの薀蓄、プロの薀蓄ではなくてアマチュアの薀蓄だなと思う。

 著者は、修理に行き詰まったら、コーヒーを入れながらアイディアが浮かぶまでゆっくり椅子に座って考え直せば良いという。。。。しかしそんなことが許されるのは趣味・アマチュアの世界だけだ。

 私は19歳から工業製品の修理の仕事に携わっている。今はいちおうソフト屋だけど、小さい会社だから開発からメンテまでやらなければならず、いまだ機械・電気の修理も時々やっている。

 趣味ではなく、仕事として工業製品を修理するには、定められた枠の中で「常に及第点」を出すことが求められる。「100点以上」は求められない。及第点を、コストと時間が許す限りにおいてこなしていく。それが仕事としての工業製品の修理の基本だと私は思っている。

 オートバイや家電製品など、工業製品の修理の基本は「工場出荷時に復旧」であり、それが及第点だ。もしかしたら、名人の修理は、元々の設計を超えるようなクオリティを持っているかもしれない。でも工業製品の修理屋なら元々の設計を超えるような仕事をすることは極めて稀なことだ。

 そこまで考えて、ひょっとして勘違いしているのは私のほうではないかと思った。著者が言いたかった「クオリティ」とは、工業製品の修理のような一般的なクオリティではなく、一回性を持ったかけがえのない存在に関するクオリティだとしたら。。。

 例えば、トヨタのカローラという工業製品があったとして、トヨタの修理屋ならカローラを工場出荷時の状態に戻すためにカローラという機種を「同じように」「一般的に」部品交換や調整をするだろうし、そのための修理技術のクオリティを持っているだろう。
 しかし、ユーザーから見れば、同じカローラでもそれは「自分のカローラ」なのであって、部品やシートを交換して手を加えたり、何よりそこには車と一緒に過ごしてきた時間、かけがえのない一回性の歴史がある。中には自分の車に個別の名前を付けるほど、それに思い入れを持っている人もいるくらいだ。

 そうなってくると、それは工業製品であると同時に、愛でる対象としての芸術作品でもある。芸術作品なら、コストも時間も考慮しないでよいし、作ることそのものが自己目的的であっても構わない。
 そもそも、この本の原題は"ZEN AND THE ART OF MOTORCYCLE MAINTENANCE”だ。あえて Art,芸術 という言い方をしているにも関わらず、なぜ「技術」と訳したのか、少し疑問ではある。

●「対話による分裂した人格の統合」
 結末を読んで、十分考えられて構成されていると思った。結末に近づくにつれ、「シャトーカ」の思索の中で、かつてパイドロスが取り組んでいた弁証法の話が出てくる。

 結末では、著者とクリスとの間のディアローグ(対話、弁証)が繰り広げられる。11歳の子どもとの対話だから対話じたいは難しい話ではない。しかし二人の関係が危うくなるような崖っぷちの対話のうちに、過去のパイドロスと現在の著者とが統合されていく。

 それまでの「シャトーカ」での微に入り細に入りにわたる分析と、この結末に現れる対話による統合とは見事な対を成している。

 「分析と統合」「対話による分裂した人格の統合」そして「個性化」これらはユング心理学の心理療法が目指していたところだった。

 ひょっとしたら、"THE ART OF MOTORCYCLE MAINTENANCE"というのは、著者自身の著者自身による心のメンテナンスの投影だったのかもしれない。著者の言う「クオリティ」という概念が、もし一回性を持ったかけがえのない存在についての概念だとしたら、おそらく、かけがえのない人間という現実存在、そして個性についても、「クオリティ」は存在するのだろうと思う。

※MIXI日記より訂正加筆の上転載
2010/07/22

「禅とオートバイ修理技術(上下)」 ロバート M パーシグ その1

 お友達の日記で知った「禅とオートバイ修理技術(上下)」 ロバート M.パーシグ を読み終えた。久しぶりにちゃんと読書したなという感じ。間を開けながらもじっくり味わって読ませてもらいました。。面白い本を紹介してもらい、ありがとうございました。
 読み終えてから1ヶ月以上経っているのだけど、読み終えてから色々考えると面白かったりしたので、ここで夏休みの読書感想文を書かせてもらいます。

●あらすじ

 事実に基づいて書かれた小説。著者は11歳の息子クリスとオートバイで長旅をする。Wikiで調べた生年から考えると、この時の著者の年齢は46歳。(とすると、これはほぼ今の私と私の息子の年齢と同じ。)

 著者は大学で英文学を教える教員だったが、哲学にも造詣が深かった。のみならず、元々の専門は化学。理系と文系をまたぐ凄い才能の人だったと思われる。しかしやりたいことを追求するが故の周囲との衝突、転勤、無理な思索。著者は精神の病にかかってしまう。そしてしまいに電気ショック療法を受けることに。以降、かつての攻撃的な性格は無くなるが、かわりに過去の記憶も失ってしまう。

 記憶を失ってからの著者のことはあまり詳しく書かれていないが、夏の日、友人夫妻と息子を連れだってオートバイ旅行に出ることを思い立つ。旅先では、かつて住んでいた大学のある街にも立ち寄り、旧友にも会い、それらを通じて著者の失われた記憶は少しずつ蘇ってくる。

 記憶を失う前の著者のことを著者は「パイドロス」と呼んで対象化している。パイドロスはプラトンの著作の名前であり、プラトンの対話者の名前だが、これとは直接関係なく、むしろこのギリシア語が示す「狼」という意味のほうを重ねあわせているようだ。「パイドロス」は優秀であるが荒々しく、攻撃的な性格であったことは、記憶の端々や昔の友人との再会の中で少しずつ明らかにされていく。

 途中、「シャトーカ」と呼ぶ著者の講義が何度も入る。というより、この本の半分くらいは「シャトーカ」なる哲学的思索の記述と言って良い。著者が「クオリティ」と呼ぶ概念を中心に、オートバイの修理技術に関する思索も展開される。
 (電気ショック療法で記憶を失った男が後ろに11歳の息子を乗せアメリカの荒野をオートバイに跨り疾走する。そしてムツカシイ哲学の思索をする。読んでいて少し心配になる。)

 パイドロスの記憶は最初はおぼろげに、しかしだんだんとはっきりしてくる。そして、最後に著者は息子クリスとの対話の中でパイドロスと統合される。記憶は蘇り、著者のものとなったのだ。その言葉はゴチックの太文字で記述され、それまでの記述とは区別されている。最後にはそのゴチックの太文字で極めて前向きな宣言がなされ、締めくくられる。

 ちなみにこの本の序文は、本文が出版されてから十年近く経ってから書かれている。序文では、クリスが成長し、22歳で路上で物盗りに襲われ亡くなったこと、ちょうどその時、再婚相手との間に子どもが出来ていたが、著者は堕胎しようとしていた。息子の死を聞き、それを思いとどまったこと。その子が女の子として産まれたことが書かれている。序文の最後では、その娘さんが著者のタイプライターではじめて遊んで残したランダムな文字がそのままの形で活字として記述されていて胸がつまる。
 
※MIXI日記より転載
2009/10/12

「哲学は人生の役に立つのか」木田元

 以前に購入していた「哲学は人生の役に立つのか」(木田元 PHP新書)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4569700896_1.html
を今日読み終えた。
 哲学書ではなく、哲学教授が書いたエッセイなので、とても読みやすかった。ただし、「哲学は人生の役に立つのか」という本のタイトルのテーマについてはさっぱり見えてこない本だった。
 工学、教育学、心理学、医学、建築学、どんな学でもそうだろうけれど、その学を元手にしてメシを食っているのなら、最低でも「飯が食えている」というだけで自分の役に立っているわけで、哲学の専門家であれば「哲学が役に立っている」ということは言うまでもない。

 それは抜きにしても、エッセイとしてはとても面白い本だった。
 筆者は戦前に海軍兵学校に入学し、戦後の混乱期、ソ連に抑留されていた父親のかわりに闇屋やテキ屋、相当ヤバい仕事をしている。その生き様が淡々と描かれていて驚かされる。
 
 筆者は闇屋では相当な金を稼ぎ、その金でとりあえず山形の農林専門学校に入学。しかし態度は荒れていて、私はそれについてのエピソードがこの本の中で一番面白かった。
 筆者は農林専門学校に入学直後、授業もはじまらないうちにカマを持たされて学校の農園を作るという実習をさせられる。ところが筆者は友人たちとダベって作業をしない。そこに元陸軍中尉だったという助手が来て
 「鎌もロクに使えないくせに喋ってばかりいてなんだ!」
 と怒鳴りつける。筆者は
 「なにを言ってるんだ。こっちはそれを習いに入ってきたんじゃないか。教えもしないでいきなり働かせるとはなんだ!」
 と逆に脅しつけ、助手は逃げだす、という一幕だ。

 闇屋で危なっかしい連中を相手にやりあってきたから迫力があったのだろうと書かれているけれど、確かに理屈としては筆者のほうが通っている。
 終戦直後のことは私は知らないけれど、なんとなく、こういう時代だったのかなぁということは想像できる。
 元下士官の助手は、旧態依然で上意下達を強制するが、闇屋で鍛えられた元兵学校生は自分の頭で物事の裏まで考え、主張することを身につけている。

 筆者の父はその後復員し、筆者はそれを機に猛勉強して哲学の道に進む。闇屋体験が哲学の道を歩むことになるきっかけであることは簡単に書かれているけれど、あまり詳しくは書かれていないのは残念だ。

 この本では、その後筆者がやってきた哲学の仕事について簡単に触れられ、特にハイデガーをとりまく哲学者たちについては分かりやすく、多少下世話な話も含め、語られている。

 最後のまとめでは、筆者は結局好きなことをやってきたのであって、だからこそ、のめりこめた。それはある意味遊びなのかもしれない。ニートが多い時代だけれど、好きなことをやるのが一番だろう、というような終わり方であった。結局、哲学が人生の役に立つかどうかの説明はほとんどなしで少々肩すかし。

 実存哲学は個性記述こそが全て、というわけではないと思うのだけど。

※MIXI日記より転載
2008/10/15

「日本人の生命を守った男-GHQサムス准将の闘い」

 「日本人の生命を守った男-GHQサムス准将の闘い」(二至村セイ(くさかんむりに青))

 これも図書館から借りた本で、期限が切れているので急いで感想を書く。

 占領時の日本でGHQが行った膨大な文書検閲から、GHQの保健・衛生に関する占領政策を、マッカーサーの腹心の部下だったサムスという人物を中心にして浮き彫りにしている。

 具体的には、戦後の日本医学、学校給食、原爆症、感染症などについて、多くの事例と文献資料、インタビューなどを元に構成されている。

 学校給食についてはサムスが中心になって公衆衛生という観点から、ものすごい勢いで作られたこと。学校給食にララ物資を使うことは最初から決められていたわけではなく、物資が船で日本に向かっている最中にサムスがララ物資の責任者にかけあい、日本の役人にかけあいして急ぎ学校給食に流用したということは意外だった。
 「米国で余った古い脱脂粉乳や小麦粉を日本に押しつけている」というような風評はサムスによって検閲された。

 アメリカの医学雑誌の翻訳や医療機器について、日本がアメリカに著作料や特許料を支払うことについて目をつぶっていたのもサムスだったという。
 アメリカの医療器具・機器の展示会を日本で開いたときのサムスは、これらをコピーして製作し、日本の医療のために役立てて欲しいと言ったという。
 しかしさすがに当時最新だったストレプトマイシンの効果に関する論文の翻訳についてはアメリカ本国からクレームが付き、5ヶ月遅れで出版されたという。

 もう一つ、興味深かったのはサムスと、武見太郎に代表される日本の医学界との確執である。医療と薬とをきちんと分けるように勧告したGHQだったが、サムスがマッカーサーと共に日本を去ったためにこれはうやむやになってしまった。

 ここで、この本に描かれるアメリカの占領政策と古代ローマの占領政策を比較して考えると、やはり共通点が多いなと思う。

 本書では繰り返しマッカーサーが大統領になる資格が十分にあったことを指摘している。古代ローマで凱旋将軍が執政官になったように、アメリカでは凱旋将軍が大統領になることを多くの民衆が望んでいた。そのために、「西方」を占領しているマッカーサーは、「東方」ドイツを占領しているアメリカ軍の占領政策には負けていられなかった。
 ローマ軍が橋や水道という社会基盤を整備し、寛容の精神をもって占領政策にあたったのと同じく、アメリカ軍は社会基盤整備の一環として寛容の精神をもって医療や公衆衛生の施策を実行していたということが、この著作からは十分に伝わってくる。

 してみると、ローマ時代の占領政策としての医療はどうだったのだろうか。。。ローマ時代の医療というと、アスクレピオス医師団が思い浮かぶ。アスクレピオスはギリシアの医療神で、各所に神殿を置き、治療にあたったという。
 そういえば、カミさんがトルコに旅行したときの写真の中には、アスクレピオス神殿の遺跡のものがあった。当時のトルコはギリシア・ローマからすれば辺境の地だったはずだが、当時から進んだ医療というのは占領政策の一環として利用されてきたのかもしれない。

※MIXI日記から転載
2008/10/13

ヨブ記講話/北森嘉蔵

 先日、近くの図書館へ行ったとき、ふと目に止まり、借りてみた。じつは返却期限を過ぎてしまっているので、メモがわりに書き留めておくことにする。

 「ヨブへの答え」というC.G.ユングの著作があって、発刊された1952年当時は論議を呼んだらしい。日本でも2つの翻訳が出ている。

 ということで私も、学生時代には何度も繰り返し読んだのだけれど、クリスチャンではないので、クリスチャンとしての解釈というのがどういうものなのか、特に、異端ではない解釈というのがどういうものなのかを知りたいと思っていた。

 この本を書いた北森嘉蔵という方は、プロテスタントの牧師さんで、長く東京神学大学の教授をされてきたという。ならば、現在のプロテスタントの立場から見たヨブ記が分かるのではないか、と思ったのだった。

 この本は、題名の通り、北森さんが講話として語られたものを活字にしている。そのため、普通の人々に語りかけるような調子になっていてたいへん読みやすい。語りの中の事例もたいへん人間的で、私のような不信心者が読んでも、長年苦労されて宣教活動されてきたのだろうな、ということが容易に想像できるようなものだった。

 最も興味深かった点は、ヨブ記の内容というのは、最後に向かって一直線の坂のように盛り上がっていくのではなく、実は中盤に最大の盛り上がりがあり、最後は坂を下っていくように盛り下がっていく、と解釈したほうが良いのではないか、ということだった。これによって解釈も異なると。北森さんはこれを「絶壁型」と「富士山型」の違いとしている。
 富士山の絶頂は17章から19章。ちょうどその19章には「わたしは知る。わたしをあがなう者は生きておられる。後の日に彼は必ず地の上に立たれる。」という文言がある。

 神の2面性については、ユングも北森さんも共に指摘しているところ。ただし、ユングの著作のほうは悪について突っ込んだ記述をしていて、ある意味下世話な印象を受けるけれど、北森さんのほうは「無情な神」というていどの解釈になっている。 また、発達論的な観点から神の変容を説くのはユングの独自の考え方で、北森さんの著作にはもちろん出てこない。

 北森さんは、「ヨブ記」は色々な民話が合体して出来た物語なのではないかということを指摘する。ヨブ記の最後が比較的ハッピーエンドなのは、民話の特徴ではないかと。だからむしろ中盤のヨブの矛盾をはらんだぐちゃぐちゃの葛藤にこそヨブ記の真価があるということなのだろうと思う。

※MIXI日記より転載