2008-03-28 23:44 | カテゴリ:禁煙
 タバコをやめてから、薄いコーヒーが苦手になったかわりに、エスプレッソが好きになった。

 外出した際など、一休みはエスプレッソが飲める喫茶店を選んで飲んでいる。
 一番安いところで一杯160円、最寄り駅にあるよく利用する喫茶店だと230円、スターバックスだと290円になる。タバコ一箱分である。

 かみさんには反対されていたのだけれど、とうとう買ってしまいましたエスプレッソマシン。アマゾンで購入。一昨日品物が届きました。

http://kakaku.com/item/21283010194/

 大きさは、電気ポットよりも一回り大きいくらい。
 エスプレッソの粉から淹れることも出来るし、一杯分の粉が予めフィルターの中に詰められ、個包装されているカフェポッドと呼ばれるものを使うことも出来る。カフェポッドは一個60~100円くらい。

 今のところ、カフェポッドで淹れたやつを、まだ4杯しか飲んでいないけど、下手な店のよりもよっぽど濃厚で旨い。香りでアタマくらくら来ます。ちゃんとクレマも立つし、いい買い物をしました。これからは、かみさんも普通に使ってくれるといいんだけどなぁ。

 ところで、タバコが習慣だった時には、家でのタバコは台所の換気扇の前だけだった。だからタバコをやめた直後は台所が鬼門で、台所に立っているだけで妙にイライラしたりしたし、出来るだけ最短で台所から出るようにしていた。

 今、エスプレッソマシンは台所に置いてある。自分で淹れた淹れたてのエスプレッソを立ったまま台所で飲んでいると、「一服する」という感じがなんだかタバコと似てもいて、新しい台所での楽しみが増えた感じがする。
2008-03-21 12:44 | カテゴリ:禁煙
 先日沖縄料理屋へ行ったら、ご亭主のハトコというご親戚が来ていて、生まれ育った東京下町のことなど、話したりした。60過ぎの男性。

 禁煙7ヶ月目だそう。
 9月からはじめたらしい。でも実はその前に一度3ヶ月の禁煙に失敗していたらしい。

 去年の正月から禁煙をはじめたのだけれど、初夏に『ひおしがり(江戸弁では潮干狩りをこう言う)』に行ったら、あんまりにも貝が取れなくてさ、つまらねえなぁ、淋しいなぁ、なんて思っているうちに吸い始めちゃったんだよ。がはは。ということだった。

 以前、この沖縄料理屋で、5年禁煙してもまた吸い始めた、という方から話を聞いたが、今度は3ヶ月。
 ネットで調べてみても、結構似たような話は出てきます。


禁煙半年後にストレスから喫煙再開した方の日記
http://nicepapa.fc2web.com/no_smoking/diary/diary_185.html

禁煙半年達成後に挫折
http://nicepapa.blog2.fc2.com/blog-entry-102.html

一年3ヶ月で禁煙失敗
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412133994


2008-03-16 23:20 | カテゴリ:禁煙
 気がついたら禁煙100日を突破していた。

 先週は出張あったりして、何かと忙しくて禁煙日記も滞っておりました。

 とりあえず、体の変化を記録します。

 禁煙後、体重2Kg増というのは変わらず。昨日、息子の誕生日プレゼントに、Wii Fit を買ってやったので、早速自分の肥満具合を計測したところ、ぎりぎり標準体重。でも痩せたいっす。

 禁煙後しばらく出ていた黒い痰ですが、今は出なくなりました。この痰が出ていたのは禁煙後2ヶ月くらいまででした。結構しつこかったので、これは喫煙に関係ないだろうと思ってましたが、今思うとあの小さなツブツブはタバコのタールとしか思えません。

 喫煙の夢は、相変わらず良く見ます。起きたとき、なんとなくたばこ臭くて不愉快になることもまだあります。

 禁煙から1ヶ月くらいは、喫煙者の副流煙が気になるどころか逆にその香りを吸うのが楽しみだった。色んな煙の中でタバコの煙だけが特別だったわけですが、今は線香とかたき火など、他の煙と同じ位置づけになった。濃度が薄ければいいけど濃度が濃いと普通に煙いと感じるようになってきた。ニコチンのセンサーは相当鈍ってきた感じがする。

 歌を歌うのが楽になりました。肺活量が増えた感じがするし、歌い続けていてもノドがいがらっぽくなって咳き込むことも少なくなりました。高音も出やすくなりました。


 今日は本当に天気が良くて気持ちが良くて、昼間かみさんと子どもたちが実家へ行っている間、2時間半くらいウォーキングしてきました。長く歩いているうちにハイになってくる。自分が「歩く人」になっているのが楽しいなと思う。本当はデタラメに歩きたかったのですが、都内のデタラメ歩きと違って、タクシーを使わないと帰れなくなるので、鉄道の線路沿いに歩く。6駅分くらい歩いた。

 帰りは電車で最寄り駅まで。
 電車では一番前、運転手の後ろの座席に座っていたところ、駅に着いたところで運転手、なにやらマイクに向かってがなっている。車掌に連絡している様子。
 運転手今度は運転席のドアを開けてホームに降りたと思うや、いきなり電車の目の前の線路へひょいと飛び降りる。
 何があったのかと思わず立ち上がって見たら、その駅、ホームの端が踏切になっている構造。その踏切を渡る途中(ホームの部分)に中学生くらいの女の子が二人、自転車に乗ったまま取り残されていたのだった。
 運転手、女の子たちを叱るでもなく、一緒になって誘導し、踏切のバーを手で押し上げてやり、女の子たちを踏切から出してやる。そしてすかさず運転席に乗り込み、何事もなかったかのように発車させた。

 親切な運転手だなぁと思ってちょっと嬉しくなる。のんびりしている千葉のローカル線だからこそ出来るのかもしれないけど、都内の電車の運転手だったらどう対応するかなぁ。おそらくあんな対応は出来ないんじゃないかなと思う。