2017-06-03 01:02 | カテゴリ:OyaConv 取扱説明
【1-1】各部の名称


(フロントバネル)
パネル(フロント)説明付き 

①電源LED
電源が入ったことを示すLEDです。PC側USB端子へプラグを挿入してから数秒後に点灯します。
電源LEDはエラー発生時に点滅してエラー状況を知らせます。
②親指ボタン(LED付き)
OyaConvにて親指シフト動作を切り替えるためのLED付きポタンです。

親指シフト動作時には、LEDが緑色に点灯します。
● 親指ボタンONでは、親指シフト配列のローマ字を出力します。
  例)「F」キーを押すと「ke」を出力。
● 親指ボタンOFFでは、英数(半角英数)文字を出力します
  例) 「F」キーを押すと「F」を出力。

また、設定モード切替の際、このボタンを押し続けることで設定モードにすることが出来ます。
● SDカードを挿入しない状態で親指ボタンを押し続け、電源を入れ(PC側USBプラグ挿入し)た場合
  → 簡易設定モード
● SDカードを挿入した状態で親指ボタンを押し続け、電源を入れ(PC側USBプラグ挿入し)た場合
  → 詳細設定モード
● 簡易設定モードで、さらに親指ボタンを長押しした場合
  → HID Usage ID 確認モード

親指ボタンのLEDは、簡易設定モード設定時、エラー発生時に点滅して、その状況を知らせます。
②マイクロSDスロット 
詳細設定(キーレイアウト、オプション設定)を行う場合に使用します。設定情報がテキストファイルとして書き込まれたマイクロSDカードを挿入し、読み込ませます。
マイクロSDスロットは、OyaConv110 には装備されていません。

※詳しくは、【2-2】詳細設定モード(SDカードからの読み込み)を参照下さい。
(リアパネル)
パネル(リア)説明付き 

④リモートスイッチ端子
親指ボタンを外部からON/OFFするためのリモートスイッチを接続するための端子です。
注意:イヤホン/ヘッドホンは決して挿入しないで下さい。イヤホン/ヘッドホンが破損する場合があります。
端子の形状はロットによって変更される場合があります。
⑤PC側USB端子
パソコン、iPad、iPhone に接続するためのUSB端子です。
OyaConv 本体への電源供給を兼ねています。
⑥キーボード側USB端子
キーボードと接続するための端子です。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://blog.oyaconv.jp/tb.php/129-f4100ea4