2014-11-09 16:38 | カテゴリ:音楽:その他
 部屋が手狭になったので、ギターとベースを壁掛けにしてみようと思った。
 壁面ぎりぎりを有効活用すべく、写真のようにアコースティックギターを上段、ベースを下段に配置した。今までは床置き式のギタースタンドを使っていた。

2014Wall_01.jpg

 床の専有面積はほぼゼロなので、だいぶすっきりした。掃除もしやすくなると思う。
 アコースティックギターはかなり高い位置に引っ掛けることになるが、軽量タイプなのであまり苦にはならない。

 ハンガーは、HERCULES GSP39WB  というタイプ。ついヘラクレスと読んでしまうが楽器屋さんでは「ハーキュレス」で通っているようだ。ハーキュリーズでもいいのにね。名前の通り、頑丈だ。
 ただ、問題は壁が弱いこと。安普請なので薄手の石膏ボードなのだ。このハンガーは木ねじ3本で止めるようになっていて、石膏ボード用のアダプタも付いている。しかし3本では心許ない。重いベースを抜き差しすると、それだけで結構なショックがかかる。
 なので、600×150×10の板を間にかませることにした。

2014Wall_02.jpg

 穴の数は16個。電気ドリルで 4mm の穴を開けた後、皿ねじ部分をさらう。ギターに皿ねじが当たって傷がつくと困るので。

2014Wall_03.jpg

 取り付けは木ねじにて。とりあえず直接付けてしまう。あとで具合を見て、ゆるくなってきそうだったら、石膏ボード用の注入剤を入れて再度取り付けるつもり。

2014Wall_04.jpg

 ハンガーを取り付けるとこんな感じ。

2014Wall_05.jpg

 横から見たところ。やはりベースをかけるとかなりショックがある。

 ちなみにこのベースは30年以上前に購入。購入後10数年、結婚して引っ越すまでは、このように吊り下げていたおかげか、ネックのソリがほとんど無い。最近音楽活動を再開して、旧友とスタジオに入ったりしており、まだまだこれからも現役で使いたいと思い、省スペースを兼ねてまたハンガーで吊り下げることにしました。

 作業時間は2時間ほど。経過に問題がありそうだったら、あとでまたレボートします。
 いまのところ非常に調子が良いです。
2014-11-07 12:55 | カテゴリ:親指シフト入力
 今、職場と自宅で親指シフト(NICORA)配列を使った日本語入力を使っている。

 憶えるまでが面倒だけれど、一度憶えてしまうと、とても楽。一度アタマの中でローマ字に変換して、それをまたバソコン上で日本語に変換するという作業が要らない。指で日本語を書いている実感がある。

 実は私は25年ほど前、自宅では親指シフトキーボードを使っていた。アスキー社が作っていたアスキーボードというPC-98用のこんなキーボード。

539739_232317340268331_435134978_n_20140423010145346.jpg


 数年に渡って使っていたけれど、職場ではローマ字入力。だんだん面倒になり、自宅にGataway2000のDOS-Vパソコンを導入したのをきっかけに、ローマ字入力オンリーになってしまったのだった。

●親指ぴゅん
 その頃、「親指ぴゅん」というエミュレータを十数年前に使ったことがある。これは、普通のWindows用のキーボードで、親指シフトの入力が出来るというもの。ハードは一切変更しないで、ソフト的に親指シフトを実現するのでエミュレータ。
 しかし、普通のWindows用のキーボードでは、どうしても親指の位置がズレる。Gataway のキーボードでは、特に右手の親指をかなり右側に持ってこないと入力が出来ない。そうすると、右手の親指が痙りそうになるし、元々指の形で文字を憶えていたので、憶えていたはずの文字が出てこない。
 しばらく使ってから諦めてしまった。

●やまぶき+ORZ配列
 2013年の4月、FaceBook の親指シフトグループに参加するようになり、ORZ配列という配列があることを知った。右手のホームポジションを一段右にずらす配列で、右手親指の負担を減らすことが出来る配列だった。
 O001.jpg
 ダメ元で試してみると、調子がいい。
 指の形で憶えていた文字も出てくるし、右手親指が辛くない。
 ホームポジションをズラすというのは、ちょっと邪道な気もしたけれど、ものは試しでしばらく使ってみることにした。エミュレータは「やまぶき」を使うことにした。「やまぶき」はキーカスタマイズの自由度が高く、旧来の親指シフト配列で使われていた、半濁音は小指シフトを使うというキーも使えるので、自分でアサインしなおした。

●やまぶき+NICORA配列
 2013年の10月、やはり右手のホームポジションを一段右にずらすというのに無理があることが分かってきた。私はソフトウエアのプログラミングをするので、一種の英文を打つ。その際は右手のホームポジションを一段左にずらさなければならない。そして日本語入力の時はまた元に戻す。ギターの転調のようなものだから慣れればなんとかなるかと思ったけれど、どうしても誤入力してしまい、なんともならなかった。

 そこで、ORZ配列ではない、NICORA配列の標準的なものにしたところ・・・・
O002.jpg
 これはこれで打てるようになっていることに気がついた。
 一気に今のキーボードでNICORA配列を打つのは難しかった。でも、一度ORZ配列で練習することでNICORA配列での打鍵が出来るようになっていたのだった。この状態で約一年半経つ。

 かつて「親指シフトは効率的」という宣伝文句があって、今の愛用者もそれを強調したりしている。でも、親指シフトの何が良いかというと、「楽なこと」につきる。打鍵数が少ないので指が楽。アタマの中でローマ字に変換する必要が無いので楽。日本語を指で語っているようで楽。
 音声入力も最近は良くなってきたけれど、たぶん、私は一生使うのではないかと思っている。
2014-07-06 23:44 | カテゴリ:未分類
 沖縄へ出張があったので、試しにLCCのバニラエアに乗ってみることにした。通常3万くらいのところ、1/3の1万円程度で乗ることが出来る。以下、レポートしてみます。

 予約は、ネットから。ここで座席の指定まで出来る。非常に簡単だった。逆にネットを使えない場合、予約は難しい。予約を取ってからの便の変更も、多少の手数料を払えばOK。

 搭乗受付は、成田空港の第二ターミナル端にある。
IMG_3302.jpg
 至ってシンプルなカウンターだったけれど、出発の1時間前に到着したので何の問題も無し。ただ、搭乗券がスーパーのレシートみたいで、貰ってからしばらくは搭乗券だとは思わなかった。iPad に届いたメールをiPad ごと受付係員さんに渡して手続き完了。

IMG_3306.jpg
 搭乗待合は、倉庫を改造したもの。広いけれどほんとに殺風景だ。米軍の家族と思われるアメリカ人が陽気にやっていた。ここから飛行機まではバス3台に分乗して向かう。

IMG_3318.jpg
 バスを降り、飛行機まではタラップだ。天気は良かったけれど、豪雨の際はたぶん濡れると思う。

IMG_3322.jpg
 機内は狭いけれど至って普通の飛行機。CAのアナウンスは男性が担当。乗客も飛行機に乗ったら落ち着いていて、一安心。離陸前の救命機器の説明は、パーサーさんの肉声プラスCAのおねいさんの実演。テレビが無いからだと思う。

 座席の狭さはこんな感じ。
IMG_3440.jpg
 新幹線の指定席よりも狭くて窮屈。ただ、運が良いことに往復で隣の席が空いていたので、体をねじったりしてゆっくりできた。

 沖縄は快晴。33度。この中を、バスなしでターミナルまで歩く。
IMG_3355.jpg

 機内食は有料。飲み物は200円から。私は何も買わなかったけれど、軽食もおいしそうでした。

 手荷物は、写真の倉庫を改造した広間で受け取る。外に続くドアには、飛行機で下ろした手荷物を運ぶ車が横付けされ、係員さんがそこから直接手荷物受け渡し場に持ってきてくれる。
IMG_3360.jpg

これが以外と時間がかかった。機内持ち込み荷物は2つまでOKなので、出来るだけ機内持ち込みにして、手荷物は作らない方が良かったと思った。

 帰りの、那覇-成田便は、私の周りはアメリカ人だらけ。私の窓側の席にのんびり座っているにいちゃんがいた。自分でも悪いことをしていたと思ったらしく、近づいて私が座席番号「7F」と言っただけで飛び起きてくれた。

 那覇の離陸時には、私の横に中年女性、その隣にさっきの米兵にいちゃんが座っていたのだけど、離陸してからしばらくして、キャンセルで空いている一列をめざとく発見した中年女性。CAと交渉して離れた席のお友達と合流。その後米兵兄ちゃんも離れた席の友達と合流。しばらくは日米座席交換タイムで盛り上がってました。予約の関係で席が離れていたのだろうけれど、キャンセル席を見事に活用して飛行機の座席のアレンジを自主的にやってくれた中年女性パワーに感謝。おかげで帰りは隣の席が空いてくれて助かりました。

 はじめて乗ったLCCだったけれど、特に問題なし。飛行機会社のサービスがぜいたくだなといつも思っていたのでちょうどいい。気になったのは飛行機の騒音が大きいように思ったこと、復路の座席が増設した分らしく、寝ているときに人が歩くとズンズンとアタマに振動が伝わって起きてしまったこと。また、タラップを上り降りしたり、立ったままバスで移動したりがあるので、老人にはつらいかもしれないとは思った。でもまたたぶん、使うと思う。
2014-04-29 18:28 | カテゴリ:ダウンロード
コード譜作成 Excelマクロ ダウンロードページ
2017.04.18 Update

 この Excel ワークシートは、試作段階です。ご試用になる場合は自己責任でお使い下さい。

 こんなことがあったので、作ってみました。

・練習中、ギターのカポを移動させていったら、弾いているキーがなんだか分からなくなった。
・歌本に載っているコードが♭や#が多すぎて弾けない。それがどのカポ位置かも分からない。
・ハイコードがすぐに押さえられない。出来ればオープンコードとカポで弾きたい。
・キーを変えたときの別の押さえ方もすぐには分からない。コード一覧で確認したい。
・自分の思い通りの見やすいレイアウトのコード譜を印刷したい。
・出来るだけ効率的にコード譜を作りたい。
・ChordPro形式のコード譜を自分で作って、OnSong などで iPad 上に表示したい。



ZouT001.jpg

ZouT002.jpg


●動作環境
 Windows10+Excel2007 , Windows7+Excel2007 , WindowsVista+Excel2007 , WindowsXP+Excel2000 にて動作確認しています。

●開発環境
 Windows10+Excel2007

●ファイル形式
 Excel97-Excel2003 形式(.Xls)

●主な機能
・Excel ワークシート上でのコード譜作成をサポートします。
・曲の中で使用されているすべてのコードが、移調後るとどうなるか、すべてのパターン一覧を表示します。
・コード譜のコード入力は、右クリックからの選択だけで行うことが出来ます
・Excel の編集/印刷機能を併用して、色、文字、レイアウトなどを納得のいくまで設定出来ます。
・カポ入力と、実音/カポでのコード表記の切り替えが行えます。
・分数コードに対応しています。
・音名の #, b を個別で自由に設定出来ます。
・ChordPro形式のテキストのインポート・エクスポート(読込・書込)が可能です。ChordPro対応サイトやアプリケーションと組み合わせて、ChordProエディタとして使用できます。ChordPro形式のテキストは、OnSong と組み合わせてiPadでコード譜表示が可能です。

●ダウンロード
 以下ソフトウェア使用許諾契約に同意される場合にのみ、ファイルダウンロードの上ご使用ください。(フリーウエア使用規約の常識的な内容です。)

                       ソフトウェア使用許諾契約
 本ソフトウェア使用許諾契約(以下「本契約」といいます。)は、ユーザー様が当サイトからダウンロードされるVBAソフトウェア付きのExcelファイルやマニュアルなどの情報(以下「本件ソフトウェア」といいます。)に関し、FC2ブログハンドルネームぞうパパ(以下ぞうパパ)と、本件ソフトウェアの全部又は一部をハードディスク等の記憶装置へ保存し、又は本件ソフトウェアに含まれるプログラムをコンピュータ上で実行するユーザー様との間で締結される契約です。

1.本契約の成立,効力および終了
(1)ユーザー様は、本件ソフトウェアの全部又は一部をコンピュータのハードディスク等の記憶装置へ保存したとき、又は本件ソフトウェアを使用したときは、本契約の締結に同意したものとみなされます。このユーザー様の同意をもって、本契約は成立し、効力を生じます。
(2)ユーザー様は、自己が保存した本件ソフトウェアの全てを削除することにより、本契約を終了させることができます。
(3)ぞうパパは、独自の判断に基づき、本契約を終了することができます。
(4)ユーザー様は、理由のいかんを問わず、本契約の終了についてぞうパパに対し補償金その他いかなる名目での支払いも請求することはできないものとします。

2.使用条件
ぞうパパは、ユーザー様に対し、本件ソフトウェアを本契約に基づく条件及びぞうパパが定める各本件ソフトウェアの使用目的の範囲内で、非独占的に無償で使用することができる譲渡不能な権利を許諾します。

3.禁止事項
(1)ユーザー様は、本契約において明示的に認められた場合を除き本件ソフトウェアを複製することはできません。
(2)ユーザー様は、本件ソフトウェアを第三者に配布、レンタル、リース、貸与及び譲渡することはできません。
(3)ユーザー様は、本件ソフトウェアに含まれるプログラムに対して、修正を加えること、翻訳、翻案を行うこと、及び逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリングを行うことはできません。
(4)ユーザー様は、本件ソフトウェアを使用して作成したコード譜について、著作権法に違反する複製及びその配布を行うことは出来ません。
(5)ユーザー様は、ぞうパパの許諾無く商用利用することは出来ません。

4.本件ソフトウェアの著作権の帰属
本件ソフトウェアの著作権は、全てぞうパパに帰属します。

5.免責
(1)ぞうパパは、ユーザー様、その他の第三者が本件ソフトウェアに関連して直接間接に蒙ったいかなる損害に対しても、賠償等の一切の責任を負わず、かつ、ユーザー様はぞうパパを免責するものとします。
(2)本件ソフトウェアによって作成されたコード譜データについては、ユーザー様の所有物であり、ぞうパパが関知できるところではありません。ぞうパパは、本ソフトウェアによって作成されたコード譜データに起因する、著作権法等に抵触した不法行為に対しては一切の責任を負わず、かつ、ユーザー様はぞうパパを免責するものとします。
(3)ぞうパパはユーザー様に対し、本件ソフトウェアの動作保証、使用目的への適合性の保証、商業性の保証、使用結果についての的確性や信頼性の保証、第三者の権利侵害及び瑕疵担保義務も含め、いかなる責任も一切負いません。ぞうパパがこれらの可能性について事前に知らされていた場合も同様です。
(4)ぞうパパは独自の判断に基づき、本件ソフトウェアの仕様又は内容の変更、修正、配布方法等の変更の設定をすることができます。
(5)ぞうパパからユーザー様に提供される本件ソフトウェアにかかる情報についても、直接間接を問わず、本条各項の規定が適用されます。


8.png コード譜作成 Excel マクロ Ver.2.1 【埴生の宿】


【リリースノート】
Ver.2.1 2017.04.18
・フォームレイアウトの変更
Ver.2.0 2014.05.31
・ChordPro形式テキストのコード譜への読み込みを追加。
・コード譜編集時、歌詞文字とコード文字との自動連動オプションを追加
・ブランク行の位置を変更。
・その他 画面の細部修正

Ver.1.1 2014.05.03
・歌詞テキスト読み込み Webからのコピペで改行の不具合修正
・コードテーブル コード名の上下キー追加
・コードテーブルでコード名を変更したら、自動的にコード譜へ反映させる処理追加
・歌詞行を1文字1セルに分割しないモードを追加

Ver.1.0 2014.04.30
初版リリース



●サボート
 質問・ご意見等がございましたら、とりあえずはこのページのコメントでお願いします。

●既知の問題
.Excel ブックを閉じる際(終了する際)、「VBAProjectパスワード」の入力画面が表示されることがあります。この場合、「キャンセル」ボタンを続けて押すことで問題無く終了します。この原因は調査中です。
.コードの入力をしている途中で、パソコン電源を切る、または強制終了すると、Excel の右クリックメニューが正常に表示されない場合があります。その場合、このコード譜を一度開き、コード入力以外のセルを右クリックすると復旧します

●使い方

コード譜作成 Excelマクロ 2.0 取扱説明
Ver.2.1 とは画面レイアウトが異なります。
Ver.2.1 取扱説明は製作中です。



目次



Since 2014.04.28

2014-04-29 15:40 | カテゴリ:マニュアル
Ⅰ.概要

●このプログラムについて
 Microsoft Excel を使ってのコード譜の入力・編集・印刷をサボートするためのフリーウエア(VBA(マクロ))です。
 Excel を使用したことがある方を前提に作成しておりますので、Excelそのものの使用法につきましては、Excelのマニュアル、Web 等を参照ください。

ZouT003.jpg
 通常の編集アプリケーションでは、図2-1 のように、ひとつのアプリケーションが複数の編集データファイルを読み書きしながら編集します。

 これに対してExcel は、VBA(マクロ)と編集データとがひとつのファイルに入っています。(図2-2)

ZouT004.jpg

 新しいコード譜を作成する場合は、元になる自分自身のExcelファイルから、別名で保存していって使用します。VBA(マクロ)だけを入れ替えることは出来ませんので、バージョンアップ時などの際には、ご注意下さい。


●コード譜の編集エリアについて

ZouT005.jpg このブログラムでは、マクロを使った編集が出来るセル範囲を「編集エリア」(左図赤枠)と呼び、その範囲内でコード譜編集を行います。

 編集エリアの範囲、行や列の削除・挿入は、コントロールフォームのボタンを使って行うようにして下さい。

 直接に行や列の削除と挿入を行うと、編集エリアが崩れてしまい、マクロが正常に動作しなくなります。

 行や列のサイズ、文字フォントについては、自由に編集することが出来ます。





編集エリアのそれぞれの行は、以下の順で三行がひとつの編集単位として並んでいます。

ZouT006.jpg

※編集行の識別は、隠れているB列に記述してあります。B列を削除するとマクロが正常に動作しなくなりますのでご注意下さい。
※編集エリアの背景色は、コントロールフォームのチェックボックスによって着色したり、しなかったりを切り替えることが出来ます。また背景色の色そのものを変更することも出来ます。